目の疲れを取る方法

ちかごろの人間は目をこき使いすぎている為に、目が疲れている人が多数なのです。目が疲れてくると目が赤くなったり、充血が酷くなると頭痛やコンタクトに悩まされたり色んな症状を併発したりとボディにインパクトが出てきます。というわけで目が疲れた時の為に目の疲れを取る方法としてツボ押しでマッサージしてみましょう。

 

先ずは「晴明」と言うツボになります。
目尻の脇にある少しくぼんでいるパーツになります。

 

そこのパーツに指を押し当ててのんびり下に下げてください。

 

斯くして上に向かってつまみ上げてください。これを数回繰り返します。

 

 

次に「天柱」と言うツボになります。
首の髪の毛の生え際の所に太い筋肉が2本有りますが、その両脇にくぼみが有ります。そこが「天柱」ですが親指をその天柱パーツに当てて首を後ろにのんびり倒してください。

 

これで親指が天柱パーツを誰にでも押すことができ、目の疲れからくる肩凝りや頭痛を取ることに効き目を出してくれるのです。

 

次に眉毛と目ヘッドの間位にあるくぼみ「攅竹」と言うツボになります。
ここに親指を押し当ててのんびり押したり引いたりしてください。

 

次に「太陽」と言うツボが眉毛の外側に有るくぼみに有ります。
よく頭が痛くなると目尻と眉毛を外側に三角形を結んだ所をグリグリと指を押し当ててマッサージする人がいますがそこが「太陽」です。押しやすい指で太陽を抑え、押して引いてを繰り返してください。

 

この様に目の疲れを取るツボと言うのは頭痛や肩凝りにも効き目をアップするようなツボである事が多数なのです。またどこでも誰にでもいつでもできてしまう目の疲れを取る方法ですので何としてもやってみることをおすすめします。

ビタミンが目の疲れをとる効果とは

目が疲れてくる赤くなってしまう事が有ります。この目が赤いことは放っておかずに克服する様にしていかなくてはいけないのです。その目の疲れを取る為には「ビタミン」が良いそうです。

 

ビタミンをほどよく取り込む事で目の疲れを取ることができ、目が赤くならなくなっていってしまうのです。目が疲れるシステムとしては目の周りにある筋肉が疲れている事があげられてくるのです。オススメのビタミン類はビタミンB1です。

 

目の疲れの要因である目の筋肉の緊張をほぐす効果、目の神経の働きを正いつもする効き目が有ります。次に目の疲れによって目に充血が起こっているときにはビタミンB2を取り込む事がオススメです。目のビタミンB群が不足してしまうと目の疲れが出てくる様になります。

 

というわけでアクティブにビタミンB群を摂る様にしてもらいたいのです。その他に目の疲れを取る為にはビタミンCも欠かせないことなのです。目にはクオーツ体と呼ばれるパーツが有りますが、クオーツ体のオーガナイズでビタミンCが入っていますので不足してしまう事で目のピントが合わなくなってきて目が疲れてしまう事になります。

 

というわけでビタミンCもアクティブに取り込んで頂きたいのです。更に欠かせないことと思われるビタミンはビタミンAとなります。目の疲れの要因の1つに目の乾きが有ります。目の水分が不足して潤わずにドライアイになってしまうのです。そのウルオイを取り戻す為にビタミンAが効果的だとつぶやかれているのです。この様にビタミンB、C、Aは目の疲れを克服させる為にわりと大事な栄養素と言う事になりますので何としてもアクティブに取り込んでみてください。

 

目の疲れを取るリンパマッサージ

ちかごろマッサージがだいぶブームになってきていますが、単純に気持ちが良いだけではなくてボディに良い効き目をもたらせます。その一つに目の疲れを取ることがあげられてくるのです。

 

目が疲れて来ると物が見えにくくなったり、充血をしたりしてしまうのです。というわけでここでは目の疲れを取る為のリンパマッサージをご披露しますので、疲れ・充血などを克服していきましょう。

 

リンパマッサージはリンパパーツをマッサージする事で老廃物を体外に排出してくれ、それによって血の流れがよくなって新陳代謝も良くなるとつぶやかれているのです。

 

目の疲れに効き目が有るマッサージのやり方についてですが

 

先ずは下準備から、鎖骨の下にリンパ節が有ります。
ここをほぐしてあげて老廃物を流れやすくしてあげます。

 

次に目の端から目元にかけて目の下を指でなぞります。

 

そこから頬骨の下の所までなぞり、耳の付け根のパーツまでなぞります。

 

斯くして首の横をなぞり鎖骨を外側から内側へなぞってください。

 

次に目の上のパーツとは言っても目頭から目じりに向かってなぞり、耳の付け根までなぞってください。

 

斯くして首の横をなぞり鎖骨を外側から内側へなぞっていきます。

 

これを1セットとして1回あたり5回は行う様にしてみてください。リンパマッサージをするとき気をつけることが有りますが、マッサージは優勢方が良いからと強くなぞってしまう方もいますが、リンパマッサージは軽く撫でるくらいで充分です。
更に目元は皮膚が弱いのでくすみの要因にもなってしまいかねません。というわけで軽く撫でるくらいにリンパマッサージをする様にしてください。また皮膚の症状が有る方、妊娠中の方、生理中の方は控えた方が良いときが有りますのでドクターに相談した上で行う様にしてください。

 

 

温冷ケアで目の疲れを取る方法

目を温める、または目を冷やす。このどちらが疲れ目や充血に効き目が有るかリアルにケアしようとして迷った事はないでしょうか。どちらのケアも一長一短が有りますので疲れ目や充血の症状によって効き目をアップするような方法をチョイスする様にした方がいいですよね。

 

疲れ目を克服させるシステムとしては、目の周りに有る血管に溜まっている疲れ物質を押し流してあげる事だそうで、その為には血の流れを良くしてあげなくてはいけないので目を温めた方が良いとつぶやかれているのです。しかし充血の症状が有るときには温めてしまうと充血の症状が悪くなってしてしまう事が有る様です。充血が伴う疲れ目のときには、温めないで冷やしてみると効き目をアップするようだそうです。

 

但し冷やし過ぎると血管が収縮して血の流れが悪くなってしまうので、長時間冷やすのは止める様にしてください。その他の方法としては目を温めたり、冷やしたりを繰り返して行う事で血の流れパワーアップ効き目が有るとつぶやかれているのです。これはホットタオルと冷たいタオルを交互に当てるだけで良いので簡単です。疲れ目が頻繁に起こるときには、瞬間的なケアではなくて根本的に克服していくと良いのですが先ずは目のケアグッズを用意しておくと時を問わずに使えて実用的だと思います。

 

グッズによっては冷たくも暖かくも取り計らいしているアイマスクが有りますので利用してみることをおすすめします。この様に単純に疲れ目には温めた方が良いとか、冷やした方が良いとか言えませんので、症状に応じて自らに合った方法をチョイスしてケアしてあげましょう。

目の疲れを取る方法関連エントリー

目が赤い原因
日頃の目や体や心の疲れが取れない方へのケアや効果的なサプリメントやドリンクなど健康食品での疲れをとる方法を調べた皆さんにもお役立ち情報などをお届けしていきます。
目が赤いし痛みが伴う病気や原因とき
日頃の目や体や心の疲れが取れない方へのケアや効果的なサプリメントやドリンクなど健康食品での疲れをとる方法を調べた皆さんにもお役立ち情報などをお届けしていきます。
目の充血をとる方法
日頃の目や体や心の疲れが取れない方へのケアや効果的なサプリメントやドリンクなど健康食品での疲れをとる方法を調べた皆さんにもお役立ち情報などをお届けしていきます。
目の疲れの原因
日頃の目や体や心の疲れが取れない方へのケアや効果的なサプリメントやドリンクなど健康食品での疲れをとる方法を調べた皆さんにもお役立ち情報などをお届けしていきます。