多くのルテインは網膜の黄斑部に存在しており、
黄斑部の働きに大切な関わりがあると思われているのです。

 

高解像度視力というものをはっきり見るためのものを作り出すのが、
水晶体の真後ろに存在する黄斑です。
ルテインを摂取することで、黄斑の色素濃度を高めます。
加齢黄斑変性を予防する効果があると言われています。

 

黄斑色素濃度の計測が目の健康状態を測る指針として、
黄斑色素が網膜を守ると考えられていることから行われていたようです。
ルテインは本来、黄斑部と水晶体だけに存在すると考えられていたそうです。

 

近年では眼球内のあらゆる組織にルテインが含有されていることが知られ、サプリメントへの関心が高まっています。
黄色色素のカロテノイドという成分であるルテインは、青い体に有害な光を吸収する特徴があるようです。

 

老化から目を守る作用が、目の抗酸化力を高めることで効果が期待されているようです。
食事やサプリメントから摂取されたルテインは体内で一定量は蓄積されています。
40歳前後からこの蓄積量が徐々に減り始めます。
サプリメントなどでのルテイン摂取を考えると目を守る効果が期待できるでしょう。

ルテインの効果とサプリメント記事一覧

ますますルテインサプリメントは種類が増えており、いろいろと値段も違います。しばらく使い続けないときちんとした効果が現れないルテインには、即効性があるわけではないといいます。判断をどのサプリメントがいいか、ちょっと使ってみてすぐにするというのはなかなか難しいでしょう。風味や飲みやすさはサンプル品で確認することが可能ですが、効果を実感するのは短い期間では無理でしょう。インターネットの口コミ情報を読んで...