あんま、指圧、マッサージ、整体、その発祥の地や発達してきたいきさつはそれぞれ違うのですが、いずれも「手当て」というテクニック療法です。足ツボをはじめとして、自分でできる気軽な治すこと法としてちかごろ、注目を浴びています。

 

足ツボは、「ちょっぴり痛いけど・・・気持ち良い!」のとは言ってもリアルに、ボディに対してどんな効果、インパクトがあるのでしょうか?

 

1.筋肉の緊張をほぐす。
筋肉が緊張している様子では、筋肉中に老廃物がたまり、これらがだるさや痛みを引き起こす引き金となっているのです。テクニック療法では、こうした筋肉の緊張様子をほぐし、ボディの変調を調整し、骨格を矯正します。

 

2.血液・リンパ液のサイクルをエネルギッシュにする。
血液やリンパ液などの体液の流れを良好にする効き目があるのです筋肉をはじめとして、皮下の血液やリンパの流れをよくすることによって、ボディのすみずみまで栄養物をゆきわたらせます。痛みやだるさの要因となっている老廃物が取り除かれると、細胞がエネルギッシュにされ、細胞本来のはたらきができるようになります。

 

3.神経や内分泌の働きを良くする。
神経が高ぶっているときには、メカニズムを落ち着きさせ、神経のはたらきが落ちているときに逆にアップするように働きします。

 

4.内臓の働きを調整する。
ツボマッサージしたパーツだけでなく、特定の内臓にも刺激を与え、正いつも動くように調整する効き目があるのです

 

5.体のコンディションを整える。
人間のボディには、いつもベストの様子を保とうという恒常性保持メカニズムがあるのですツボマッサージなどによって得た刺激は、この恒常性保持メカニズムを高め、ボディのコンディションを良好にする働きがあるのです

 

足ツボのマッサージ効果

足ツボは、的確にそのエリアを突き止め、そこを指圧することができれば効き目が倍増しますが、素人にはツボの正確なポジションを把握することはわりと難しい場合ことでしょう。でも、ツボを含めて、その周辺一帯をマッサージすることでも十分、効き目があるのです

 

たとえば、足ツボトータルを刺激するのに、ゴルフボールを利用するのもおすすめのやり方です。足の裏にはツボが集中しているのですので、足の裏トータルをごろごろとゴルフボールでマッサージします。膝をたて、足の内側もころころとやってみてください。足のむくみや疲れを取ることができるのです。

 

そのうえ足の指もリラックスしましょう。足の指は、一日、シューズのなかできゅうくつな思いをしているのです。その足の指を広げてあげてください。手の指を間にはさんで、組ませる要領でやると効き目があるのです足の指がほぐれるだけでなく、足の指に集中し、ボディと対応しているパーツもほぐれてきます。

 

頭痛、肩こり、冷え性にも効き目を予想できるのです。そのうえ足の指をつまむようにして伸ばすのもいいでしょう。指を一本ずつ、根元から指先につまみあげるようにします。もんだり、ぶらぶらゆすったりする効果も気持ちよいですよ。

 

足トータルのけだるさをとるには、軽くたたいて足の血の流れをよくします。片足ずつ、下から上の方向へ、リズミカルにとんとんとたたきます。足あげのトレーニングもプラスしてください。足の筋肉を利用することで、プラスアルファの効き目があるのです寝るまえにほどよいトレーニングをすると、ぐっすりと眠る効果が期待できるでしょう。

 

 

足裏のつぼマッサージの効果

足の裏にはツボが集中していることから、ツボ療法のなかでも足ツボはとりわけメジャーとは言ってもツボ、すなわち経穴は、ボディトータルに広がっています。これらのツボを刺激することによってなぜ、ボディの様子が健全化または良好に維持できるのでしょうか?そのわけについては、明治時代からリサーチされてきました。これまでに検討されてきたツボマッサージの働きは次のようになります。

 

1.消化器・呼吸器・泌尿器系の器官をコントロールする。
とても興味深いことに、胃や小腸などの消化器のトレーニング・分泌メカニズムが落ちているとき、ツボマッサージを行うと、そのメカニズムが亢進します。一方、亢進しているときには、ツボマッサージによって抑制する効き目があるのです。つまりノーマルな様子にもどすように働くというわけです。呼吸器や泌尿器についても同じ様なわけで、換気量や利尿・排尿メカニズムのコントロールを行う効き目があるのです

 

2.血液ならびに血液サイクルを良くする。
足先が冷えている人にツボマッサージを与えると、効き目があるのですたとえば片足だけにツボ療法を行い、左右の皮膚温度をサーモグラフィーなどで比較してみるとその効き目が歴然となります。ツボマッサージを行ったほうの足先は皮膚温度が上昇していることがよくわかるのです。

 

3.神経系にインパクトを与え、痛みを抑える。
ツボを刺激すると、モルヒネに似た物質が体の中にできるのです。この働きによって、痛みが抑えられるといわれます。

 

4.内分泌系(ホルモン)の調整を行う。

 

5.生体防御メカニズムをコントロールする。

 

 

足のツボマッサージの注意点

足ツボを刺激すると、「痛い+気持ち良い」で、うっかり病みつきになってしまうのです。しかし何事もやりすぎは禁物です。そのうえ人によって、体のコンディションによってはツボマッサージをしないほうが良い人、してはいけない人もいます。

 

いつ、どれくれいが丁度いいのでしょうか?

 

1日に15分から30分が目安といわれています。なるべく夕食のあと、1時間〜2時間後のリラックスしたときに行うと効き目があるのですツボマッサージ法をマスターすると、うっかり気持ちよくなり、いつものように継続していたくなります。しかし休みを挟んだほうが効き目が大きいこともあるのです。筋収縮性の頭痛などでは、一回の刺激でまるっきり痛みが引いてしまうこともあるのですそのうえわりと長期にわたって治すことを継続していくことが欠かせない症状もあるのです

 

症状のタイプやくらいによって、治すこと日数はわりと違うのです。急性のときは比較的早く治りますし、慢性の症状であるほど長スパンを要するようなのですね。数ヶ月、数年かけて出てきた慢性の症状は、治すのにもやはり数ヶ月、数年の治すこと年月が欠かせないこととなるというわけです。

 

道半ばで治すことを中断したり、あまりに間隔をあけたりすると、治すこと効き目をさげることがあるのです症状が思わしくないときは、いつものようにまたは隔日で治すことが欠かせないこともあるのですそれなり、症状が軽減されたら、週に2回ぐらいのペースで行うと良いでしょう。

 

そのうえツボマッサージ、とりわけ足ツボの指圧による刺激は自らでもできるのですが、他人にやってもらうと心身ともにリラックスできるのです。

 

 

 

ツボ押しの歴史

ちかごろ、足ツボ療法が評判急上昇とは言っても実はこのツボ療法はとても長いヒストリーを持ちます。針灸の起源は、古代中国にあるのです今からおよそ2000年以上昔、人間のボディの特定のエリアを温めたり、あるいは石などで刺激したりすると、治すこと効き目があることをその頃の人はすでに知っていたのです。どのエリアに刺激を与えると、どんな症状に効き目があるのか、医学者たちはセーブしたキャリアを積み上げていきました。斯くしてそれらの成果を一冊の本にまとめたのです。それがちかごろ残る、最古の医書『黄帝内経』です。この書には、人間の体の生理や病理、養生法が記され、それに針灸治すことのスタンダードとなるツボ(経穴)や、ツボを結んだ経絡、および治すことに関する理論などが解説されているのです。
中国のこうした理論が日本に伝えられたのは、414年といわれます。しかしその後、針灸が一般に広がるまでにはまだまだ時間がかかりました。一般の人たちが針灸の恩恵を受けられるようになったのは、室町時代に入ってからといわれます。斯くして江戸時代には、日本オリジナリティの針灸治すことが生まれました。

 

しかし江戸時代に発展をあげた針灸治すことは、明治維新以後は、西洋医学の導入のなかで衰退していきました。再び注目されたのは、1972年、米のニクソン大統領が訪中したときです。大統領が中国で針麻酔を受ける様子がTV放送されたのをきっかけに見直されたのです。

 

ちかごろは、レーザー針を針治すことに応用されるようになったのです。30秒〜2分間ほどツボにレーザーを照射するのです。

足のツボとマッサージ効果でむくみや疲れを取る方法記事一覧

足ツボをはじめとして、ツボ療法が注目をあびていますが、リアルに、どのように行うのが効果的なのでしょうか?指圧をすると指が痛くなりがちです。痛くならないようにツボを刺激するにはどのようにしたらいいのでしょうか?指先だけにパワーを入れて押そうとすると、指を痛めますし、それでは押されている人も気持ちよく受けられないのではないでしょうか?親指で押すときは、指で押そうとせずに自らの目方を徐々にプラスしていき...

足のむくみを取る方法として、リンパマッサージも効き目をアップするようなのですね。リンパの流れが滞っている人というのは、老廃物が足に溜まってしまっています。老廃物が足に溜まっている人は、血液の流れも悪化しているのですから、脂肪が燃えにくく、ぐんぐん老廃物が溜まり、それが足が太くなる要因になっているのです。足のむくみを取ることのためにリンパマッサージをすれば、リンパの流れがエネルギッシュになるのですか...