足のツボマッサージの効果別やり方

足ツボをはじめとして、ツボ療法が注目をあびていますが、リアルに、どのように行うのが効果的なのでしょうか?
指圧をすると指が痛くなりがちです。痛くならないようにツボを刺激するにはどのようにしたらいいのでしょうか?

 

指先だけにパワーを入れて押そうとすると、指を痛めますし、それでは押されている人も気持ちよく受けられないのではないでしょうか?親指で押すときは、指で押そうとせずに自らの目方を徐々にプラスしていきます。このとおり目方で押すには、ひじを伸ばすこと、相手のからだに垂直に加圧するようにするのがコツです。ですのでには、押す人と、押される人がお互いに間違いのないスタイルをとることがキーポイントなのです。はじめはのんびりと、相手の具合を見ながら指圧していくのが治すことのポイントです。

 

そのうえ指圧だけでなく、身の回りのアイテムを効果的に駆使するのもおすすめです。そうすれば世帯でも針灸療法に近い効き目を上げることができるのです。

 

世帯でできるすこととしては次の方法があります:

 

●つまようじの針・・・つまようじを親指と人さし指のあいだにはさんで、ツボをつつくように皮膚を刺激します。つまようじの枝のパーツで、軽くつつくくらいで、たっぷりと効き目をアップするような刺激を与えることができるのです。

 

●ブラシ針・・・ブラシの柄のパーツを軽く持って、ぽんぽんと叩くようにしたり、ブラシをすべらせて軽くこするようにします。

 

●つまようじの集合針・・・30本から40本のつまようじを束ね、輪ゴムでしばります。

 

●粒針・・・ビーズや米粒などの小さな突起物を絆創膏の中央に入れてツボに張ります。斯くしてその上から時々押し付けるだけで針のような効き目があるのです足ツボには張りっぱなしにしておくと歩くたびに刺激になり効き目があるのです

 

ペアでの足つぼマッサージ

足ツボの指圧は、自らでやってもむろん効き目があるのとは言っても信頼のおけるパートナーといっしょに、お互いの足ツボを押したり、マッサージすることで、より効き目が高いといわれています。お互いの疲れをいやそうという気持ちが心をリラックスさせるのかもしれないですよね。そのうえそれは時間のないいつものようにのなかで大事な時間となるかもしれません。

 

たとえば、疲れがたまっていると、寝ているときに急にふくらはぎがつることがあるのです「こむらがえり」という現象です。これを防止する足ツボは、承山(しょうざん)と、委中(いちゅう)です。ふくらはぎのほぼ中央と、膝の裏にあるのですこれらのツボを親指で比較的強く押します。パートナーのふくらはぎを、ちょっと目方をかけて押してあげるとよいでしょう。

 

そのうえ首や肩がこっているパートナーには、首の後ろにある2本の太い筋肉の外側にあるくぼみを押してあげてください。髪のすぐ生え際です。ここは天柱(てんちゅう)というツボです。親指の腹でのんびりと押してあげてください。自らではわりとうまく押せないエリアなので、それこそペアで行うのにベストなツボです。そのうえ肩の中央にあるツボを親指の腹でのんびりと、静かに押すのも効き目があるのですここは肩こりに効くツボで、肩井(けんせい)といいます。とりわけこりこりと硬く、痛いパーツがあるときには、その周辺を5本の指の腹で静かにマッサージします。

 

寝る前の大事な習慣とすることを推薦します。

 

 

慢性の足の疲れを取るツボマッサージ方法

一日の終わりには、疲れを取ることに効き目がある足ツボをのんびりと揉みほぐしましょう。だんだんと気持ちが満ちたり、ボディがぽかぽかしてきますよ。お風呂上りのリラックスした時間がベストです。

 

疲れを取ることに効く、足ツボは、足三里(あしさんり)です。むこうずねの外側で、ひざ下約10センチにあるのです胃腸のメカニズムも整える効き目がある、疲れ長寿のマルチツボです。
その他、「湧泉(ゆうせん)」と「向かい湧泉」という足ツボも慢性の疲れを取ることに効果的なツボです。湧泉は、足の裏、5本の足指を内側に曲げるとできるくぼみのなかにあるのです左右の親指の腹で押すと効果抜群! このツボは、マルチツボで、不眠症にも効きます。リアルに、押してみると、じ〜んとした響きをもち、痛い+気持ちいい、をリアリティできるのです。

 

「向かい湧泉」は、湧泉よりも少し下です。かかとよりも少し上をぐぐっと押してみてください。

 

その他、ひとりでできる誰にでもできるようなツボ押しとしては、目の疲れに対しては、目ヘッドの内側をやさしくマッサージしながらのんびり押すと効き目があるのですそのうえまゆの付け根の下側のくぼみも目の疲れに効き目があるツボです。目の充血にも効くといわれます。

 

いっそう、肋骨のいちばん下と同じ高さで、背骨から約3センチ〜4センチ外側にあるツボも慢性の疲れを取ることに効くツボです。両手の親指の腹で押してみてください。

 

 

眠れないときに効果のある足つぼマッサージ

どれほど眠れば、十分であるかは個人差があるのですしたがって、何時間、寝ること時間をとるべきである、と一概に言うことが出来なくなるのです。しかし昼間に頭がぼーっとしたり、ボディトータルが重い、けだるいというときは眠りが足りない、あるいは質が良くないのかもしれません。

 

そのようなときには、ツボを刺激することで効き目が得られることがあるのです高ぶっている神経を休めるためには、ヘッドの百会(ひゃくえ)、耳の後ろの完骨(かんこつ)のツボを刺激します。背中の隔愈(かくゆ)も自律神経の狂いをけれどもいらいらを鎮めるツボとして使います。
●百会は、ヘッドのてっぺん、左右中央の線上にあるのです
●完骨は、耳の後ろの硬い骨をさぐります。この骨のうしろの下にあるのです

 

また足ツボでは、足のくるぶしの中封(ちゅうほう)を集中して刺激します。神経症によく効くツボです。
●中封は、内くるぶしの頂点から、足の甲の方向へ斜めに下に指でさぐっていくと、へこみがあるのですここが中封のツボです。

 

その他、寝つきを良くするためには、足の裏トータルをよくもみほぐすようにします。

 

フラストレーションが要因で不眠となることもあるのです暮らし環境を整えることもキーポイントなのです。昼はなるべくボディを動かし、夜は音や光を抑え、気持ちがリラックスするようにしましょう。ホットミルクにちょっとお砂糖をプラスして甘くして飲用してもいいかもしれないですよね?きっと気持ちがほっと落ち着きますよ。

 

 

冷え性を治す足のツボマッサージ

女の人のでかい悩みのひとつに手足の先が冷たいということがあるのです夏で額には汗が流れているのに、手足は冷たい、と訴える人はわりと多数のです。しかも女の人に多数のがオリジナリティです。東洋医学では、冷えは、肝経(かんけい)と腎経(じんけい)という特定の経絡に気血のとどこおりがあることによって起こるとされます。

 

ですので、治すことにあたっては、これらの二つの経絡に所属するツボをセンターに治すことを進めます。腎経では、足ツボの湧泉(ゆうせん)と太けい、肝経では、やはり足ツボの太衝(たいしょう)というツボを刺激します。いっそう足の三陰交(さんいんこう)も効き目があるのです足ツボ以外では、おなかの中かん、背中の肝愈(かんゆう)も補助的な効き目が予想されます。

 

一方、冷え性とは逆の症状である、ほてりを感じる女の人も多数です。なかには冷え性であり、かつほてりもあってしまうという人もいます。まったく正反対の症状にみえる、冷え性とほてりとは言ってもいずれも血液のサイクルがスムーズにいっていないことが要因であることに共通しているのです。ほてりのときにも刺激するのはおんなじのツボとなります。

 

足ツボを丹念に指圧するほか、しょうが灸をいつものように継続していくのも効き目があってしまうといわれます。冷え性克服のためには、いつもの暮らしのなかで足をよく動かすようにしましょう。足首を回したり、青竹踏みをするのも足の裏トータルにわたる足ツボをまんべんなく刺激するのに絶好の方法でしょう。

 

 

消化器系の悩みと足ツボ

女の人の最大の悩みのひとつ、便秘!
お肌のコンディションが悪くなり、そもそも何を食べてもおいしく感じられなくなってしまうのですよね。反対に言うと胃腸が悪くて下痢を繰り返す人もいます。フラストレーションが要因の神経性の下痢に対しては、ツボが特効薬となります。そのうえちかごろでは、下痢と便秘を交互に繰り返す、過敏性腸症候群、もプラスしているのです。

 

そのそれ以外にも、消化器系の疾患には、ツボ治すことが効果的です。膀胱炎のとき、トイレが近くなり、いざ、排尿しようとしても大してでない、痛むなどの調子の悪い症状が出ます。結石や腫瘍というわけではなく、何度も膀胱炎を繰り返す人、急性の膀胱炎に悩まされる人にはツボを刺激することを推薦します。

 

足の陰陵泉(いんりょうせん)などが消化器の悩みに効き目があるのです膝関節の内側を下にさぐっていくと、ふくらみがあり、その下で骨のすぐうしろにあるのですそのうえ外くるぶしのうしろで、アキレス腱の前のくぼみも消化器のコンディション、とりわけ膀胱炎には効き目があってしまうといわれます。

 

ツボ指圧をより効果的にするためには、症状の軽いうちに始めることがキーポイントなのです。そうすることで世帯でも十分な効き目が予想できるのです。とりわけ、膀胱炎のとき、再発のことがあるのでしょうから、1週間〜2週間、継続して継続していくことが大事でしょう。

 

何より、ツボを刺激して、心をリラックスさせることがキーポイントなのではないでしょうか、栄養にも気をつけ、おなかのコンディションを整えることでボディにエネルギーがましボディトータルが快調になるでしょう。

 

 

坐骨神経痛と足ツボ

神経痛に悩む方は多数とは言ってもなかでもなおいっそうも多くみられるのが、坐骨神経痛だそうです。坐骨神経は、太くて長い神経です、ですので圧迫を受けたり障害されたりすることが高いことが要因です。

 

ヒップが痛いというときは、ひどくなると坐骨神経の走る方向にそって、太ももからふくらはぎへと足の後ろ側が痛くなることがあるのです椎間板ヘルニアなどの疾患がありえないときには、軽く押してみて気持ちよい刺激が得られるようなときには何としても、ツボマッサージ療法をトライしてみてはどうなのでしょうか。

 

神経にそってさすってみてください。そのあと、足ツボの刺激に入ります。スタートは軽めの指圧からはじめ、ダイレクトに灸やしょうが灸をすえるとより効き目が倍増します。また温泉に入って、足腰を温めながら、痛むエリアをかるく指圧したり、ブラシでたたいて穏やかな刺激を与えるのも効き目があってしまうと思われます。痛みは、精神が心配定なときに強まるといわれていますので、温泉は精神を穏やかにするうえでも効き目があるのではないでしょうか。

 

足ツボの委中(いちゅう)が、坐骨神経の特攻ツボです。膝関節を曲げたときにできるしわの中央がそのポジションです。こころいつものように、寝る前などに押してみて、ほどよく心地よさを感じられるまで刺激を与えることで、症状が健全化します。

 

ツボ療法は初期に始めることがキーポイントなのです。痛みがひどくならないうちに、いつものようにの習慣にすることをおすすめいたします。信頼のおけるパートナーに刺激してもらうことで、気分もきがかりのないでき、効き目が倍増します。

 

 

変形性膝関節痛

変形性膝関節痛(へんけいせいしつかんせつつう)というフレーズを知っていますでしょうか。階段を下りるのがつらい・・・膝をまげたり、目方をかけることができない・・・これは、変形性膝関節痛の人がまずまずはじめに訴える症状です。変形性膝関節痛は、膝の軟骨がすりへって起こる痛みで、老化現象によって発生するといわれています。ということは、たいていの人はなることがある疾患といえるのです。

 

これ以外にもにも膝の痛みをもたらす疾患は多数あるのです慢性関節リウマチや、感染性関節痛です。これらのなかで、ツボマッサージによって効き目があるのは、変形性膝関節痛です。

 

膝の皿の周辺を温めてマッサージし、膝眼という足ツボを刺激します。膝眼(しつがん)は、膝を90度曲げたときに、皿の下の外側と内側にふたつのくぼみができるのです。ここが外側と内側の膝眼です。この2つのツボを集中して刺激しましょう。

 

ツボに灸をすえると膝が軽くなるのがわかるのです。そのうえ変形性膝関節痛のとき、膝や腰になるべくリスクをかけないようにすることもキーポイントな治すこととなります。つらいですが・・・太りすぎの方は、減量も必要かもしれないですよね。そのうえ硬いアスファルトの道路の上を長スパンにわたって歩いたり、ジョギングするのも避けるのが良いでしょう。そのうえアクティブに太ももの前の筋肉を鍛えるようにすると、老化で弱った足腰をサポートすることができるのです。何としても、いつものようにのトレーニングとあわせ、足ツボマッサージを日課にしてみてください。

足のツボマッサージの効果別やり方関連エントリー

足のむくみを取るリンパマッサージと効果や簡単ストレッチ
日頃の目や体や心の疲れが取れない方へのケアや効果的なサプリメントやドリンクなど健康食品での疲れをとる方法を調べた皆さんにもお役立ち情報などをお届けしていきます。